古書と茶房ことばのはおと
  • NEWS
  • NEWS
  • NEWS
  • NEWS
  • NEWS
  • NEWS
  • NEWS
  • NEWS
  • NEWS
  • NEWS

NEWS

 

店内写真

 

ことばのはおとは築150年の町家をそのまま利用したブックカフェです。全室お座敷のお部屋でゆっくり読書などしながらのんびりとおくつろぎ頂けます。

 

【ご予約について】

ただ今、ご予約は受け付けておらず、来て頂いた順番とさせていただいております。

 

【ことばのはおとからのお願い】

当店はブックカフェですので、周りのお客様のご迷惑にならないよう小さな声でお話下さい。

店内写真

 

【お子様連れのお客様へ】

ブックカフェのため小さな声でのお話がご協力できるお子様に限らせていただきます。

 

 

店内写真

 

【旅する鉄道模型】ついに完成!

ことばのはおとに常時展示中です。

もちろん運転もできますのでお気軽に

お声をかけて下さい。

 

詳しくはこちらまで!

NEWS

京都の素材にこだわった身体に優しいご飯プレートです。お肉をメインに季節の旬の野菜をふんだんに使用しボリューム満点の当店一番人気メニューです。1,000円。

 

プレートごはん

 

本日のメイン【茄子バーグ】

ピーマンとじゃこの炒め物

人参・揚げ・蒟蒻の入ったひじきのたいたん

湯豆腐の夏野菜のせ

京水菜のサラダ

ぷるぷるカルピスプリン

お味噌汁

ごはん

 

プレートごはん

 

フレッシュオレンジのにゃんこパフェ

900円

 

※注)1日限定20個で1組様2個までの注文とさせていただきます。

 

※注)11:30~13:00まではお食事の方を優先させていただいておりますので、パフェは13:00からのご提供となります。

 

※注)食事のなどもご注文いただけるお客様は11:30に御入店いただきそのままパフェもご注文いただいけます。

 

※注)パフェのみご希望の方は13:00以降しかご入店いただけせんのでご注意下さい。

NEWS

うちの猫らイメージ

 

【Coyote『PASSAGE TO HAIDA GWAIIー 星野道夫の遥かなる旅 』発売記念トークイベント】

没後20年を迎える写真家・星野道夫と生前より機知のあった写真家の赤阪友昭が、アラスカの神話についてスライドを交えたトークをします。2000年、南東アラスカ先住民のクリンギットの古老とアイヌの人々の神話の交流を目的とした『神話を語り継ぐ人々』というプロジェクトがありました。そのとき、アラスカ先住民クリンギットの神話の語り部であるボブ・サムが語った神話、アイヌとアラスカをつなぐ海の道の伝承を星野道夫とのエピソードを交えながら話します。これまで彼が残した日本とアラスカ先住民族のつながりを、未来へむけて継ぐーそんな時間をみなさんと分かち合いたい
と思います。

 

日 時:2016年9月10日(土)

会 場:ことばのはおと

開 場:17:00 / 開演:17:30
参加費:1500円+ワンドリンク500円
お問合せ/ご予約:
photo@akasakatomoaki.net
090-6325-8896(赤阪)

 

【プロフィール】
赤阪友昭(あかさか・ともあき)写真家。
「Switch」や「Coyote」などに写真・文を寄稿。星野道夫が亡くなった後、アラスカの旅を続け、2000年には「神話を語り継ぐ人々プロジェクト」を統括プロデュース。アラスカ先住民族クリンギットの古老とアイヌの神話的交流を果たし、札幌・熊野で各500人、東京の明治神宮で2000人を動員。また、2006年〜2008年の三年をかけてアラスカ州のシトカに星野のトーテムポールを立てた「星野道夫トーテムポールプロジェクト」を彼の盟友であるボブ・サムと共同主催するなど、星野が残したものを受け継ぐように活動を続けてきた。写真集には、 北米海岸の先住民族と過ごした時間を一冊にまとめた『The Myth - 神話の風景から - 』(松本工房刊)がある。URL:http://www.akasakatomoaki.net